Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

音楽

Mステ初登場!Aimer(エメ)が「蝶々結び」をハスキーボイスで披露

8月19日(金)、ミュージックステーションにAimer(エメ)さんが初出演され、「蝶々結び」を披露されます。

Aimerさんは今回のミュージックステーションが初めての地上波音楽番組だそうで、様々な世代の方に広く音楽を聴いてもらえる絶好の機会となっているようです。

スポンサーリンク

今回披露される「蝶々結び」は、8月17日に発売されたシングル曲であり、RADWIMPSの野田洋次郎によって提供された楽曲であるようです。

バラード系ですね。Aimerさんの良い意味で脱力した歌声がよくマッチしていると思います。ハスキーボイスの方は力強く発声する場面でエッジがよくかかっているので、必死な感じや悲痛な感じが前面に現れやすく、人を惹きつける技量に富んでいるなと感じさせられます。

歌詞の内容としては、一人称の呼びかける形の恋に関するもので、"結ばれたんじゃなく結んだんだ"という、ある意味"待ち"の姿勢である運命的なものではなく、自ずから運命の糸のようなものを手繰り寄せる攻めの姿勢が見られ、登場人物の強かさを感じることができたと思います。

曲調としては、Cメロの後に通常のサビやその転調が来るわけではなく、一呼吸おいて新たに壮大なメロディが来る形となっています。ラスサビで世界観がちょっと変わるのでは、といったイメージです。

実際、ラスサビ前の相手に対する願望ととれる歌詞と異なり、先述の"結ばれたんじゃなく結んだんだ"といった相手との行動の結果が過去形として書かれていて、結ばれた(結んだ)様子が綺麗に描かれているのではないかと思います。

スポンサーリンク

 

Aimerさんは今回、RADWIMPSさんの楽曲提供を受けたようですが、それ以外にも様々なアーティストの方々から楽曲提供を受けているようですね。

有名どころとしては、ONE OK ROCKのTakaさんから提供された、「insane dream」でしょうか。

「蝶々結び」と打って変わって、力強いロックサウンドが鳴り響きます。

Aimerさんの歌声も力強いものになっており、どちらかというと「蝶々結び」の落ち着いた歌声よりも、こちらの力強い含んでから吐き出されるような芯のある歌声のほうが好きですね。悩める病んだような歌詞をハードな曲調にのせて歌っても、とても様になっているのではないかと思います。Takaさんのコーラスもかっこいいです。

今回紹介した2曲は、9月21日に発売されるニューアルバム「daydream」に収録されるようです。

Takaさんから提供される曲もさらに4曲あるそうで、曲調はどのようなものであるかわかりませんが、また力強い楽曲を聴くことができそうでとても楽しみです。

スポンサーリンク


-音楽