Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

音楽

【Good Time Music】SMAPにも楽曲提供!サムライギタリストMIYAVIのギターレッスン【Fire Bird】

9月6日(火)のGood Time Musicに、サムライギタリストの異名で知られるMIYAVIさんが出演されます。

MIYAVIさんといえば、ピックを使用しない独自のスラップ奏法で一躍有名になったギタリストですね。

ギターではピックを使用することが普通なようで、ベースのスラップ奏法にどちらかというと近い感じです。

 

ギターひとつでパーカッションの役割までこなせるのは大きいですね。

その分だけ複雑なメロディになって、リズムを取ることもかなり難しくなりそうですが。

しかし、そのリズム感もとても安定していて、弾かれる弦とボディの音が心地良いです。

それにしても、手首や指先の動きが俊敏で凄いですね。

腱鞘炎になったりしないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

MIYAVIさんは楽曲提供もいくつかされていて、現在世間を騒がせているSMAPや山Pにも楽曲を提供されているようです。

ジャニーズとは何か縁があるのでしょうかね。

 

SMAPに提供された楽曲は、「Top Of The World」や「Otherside」ですね。

MIYAVIさんのクールなサウンドとSMAPのキレのあるダンスがマッチしていて、とてもかっこいい曲になってます。

 

SMAPとMIYAVIさんは共演することが過去に何度かあったようで、その過程でなんとなしに曲作りをお願いしたところ、本当に作ってくれたとスマスマで明らかにされていますね。

クールな曲だとダンスが映えるので、他のジャニーズグループにも楽曲提供して、音と映像両方で楽しめる曲をたくさん生み出して欲しいところです。

ベースだと関ジャニ∞のマルがスラップ奏法を過去に会得しているので、スラップバトルなんかも取り入れてみたら躍動感のある曲ができるかもしれませんね。

 

 

 

また、MIYAVIさんは8月31日に、1年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバム「Fire Bird」をリリースされていますね。

 

ロスに移住して約2年というMIYAVIさん。

生活にも慣れ始め、ようやく自分自身を俯瞰して見られるようになり、また国外で求められる音楽とは何かを試行錯誤した結果生まれたアルバムが「Fire Bird」であるようです。

MIYAVIというアーティストは日本発で、ワサビも乗っているし、サーモンやら何やらといった寿司ネタも乗っていれば醤油も付いている。シャリもある。でもアボカドは持ってなかった。そのアボカドとは、メロディ、リリックにおける言葉選び、全体のコンポジションのすべてに関わるもので。

そのアボカドの作り方と、作品の中におけるアボカドの分量、アジャストメントについては、向こうでいろんなプロデューサーやらソングライターと幾度となく意見をぶつけ合いました。

アボカドをどう添えて自分のアイデンティティをリスナーにプレゼンテーションするのか? その答えの1つが、今回の「Fire Bird」です。

引用: http://natalie.mu/music/pp/miyavi07/page/2

 

スポンサーリンク

 

カリフォルニアロールの例え、面白いですね。

J-POPの良さを持っているのは確かですが、それを文化の違う海外の人々にそのまま披露することは文化の押し付けに違いなく、その地での音楽の文化を尊重したうえで、受け入れられるものをその場その場で創り上げていくことが求められ、その味付けの仕方がアイデンティティに相当すると考えられているようですね。

あまりにも独自の文化とかけ離れたものを持ってこられても、インパクトはあるかもしれませんが、良いファーストインプレッションになるとは限りませんからね。

そのへんは少し慎重になるくらいがいいのかもしれません。

暴走し始めるのは受け入れられた後でも遅くはないと思いますしね。

各文化を取り入れていくことは音楽の幅を広げる意味でもいいと思いますし、それを持ち帰って自国の文化に混ぜ込んで新しい独自の文化を形成することも、先駆者的な意味合いでも大事なことだと思います。

 

Good Time Music,SMAP,サムライギタリスト,MIYAVI,ギター,レッスン,Fire Bird

次回作などのこれからの音楽活動のことも既に頭に入っていらっしゃるようなので、このまま現状維持に留まらず飛翔していって欲しいと思います。

 


-音楽