Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

芸能 音楽

【関ジャニ∞のTheモーツァルト】カラオケ2連覇の新妻聖子!歌唱力はどこで手に入れた?【動画】

9月30日の関ジャニ∞のTheモーツァルトでは、音楽王No.1決定戦ということで、恒例のカラオケバトルが行われますね。

現在2連覇中の新妻聖子さんも、3連覇を目指し、数々の挑戦者と熾烈なバトルを繰り広げられることでしょう。

 

関ジャニの番組も、様々なところでカラオケバトルを取り入れている節がありますが、かつての仕分けでの大倉くんの太鼓の達人バトルみたいに、関ジャニメンバーが積極的に参加する形態にしないのでしょうかね。

素晴らしいシンガーの歌声を聴いて魅了されるのは良いのですが、少なくとも関ジャニ自体が好きで番組を見ている人が大多数だと思われるので、当人たちがMCをしているよりも、歌ったり演奏したりしたほうが需要はあるようなきがするのですが。

ゴールデンである以上、内輪だけでなく一般向けの番組内容にしたりする必要性が生じてくることはわかるのですが。

視聴率が高いというだけあって、出演者のPRにはなると思うので、広告の意味合いでも色んな分野の人が出演することが望ましいのでしょうかね。

関ジャニメンバーがカバーの意味合いで、カラオケを通して色んな歌を歌ってくれたほうが個人的には嬉しい気がします。

完全燃SHOWではセッションが見られますがね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

新妻聖子の歌唱力について

関ジャニ∞のTheモーツァルト,カラオケ,2連覇,新妻聖子,歌唱力,動画

これまでの2回のカラオケバトルにて、いずれも優勝を果たして2連覇を飾った新妻聖子さん。

あれだけの歌唱力はどこで手に入れたのでしょうか。

 

かんたんなプロフィールは以下のとおりです。

年齢: 1980年10月8日
身長: 156cm
血液型: AB型
職業: 女優、歌手
事務所: プロダクション尾木

上智大学法学部国際関係法学科卒業という事で、音大や音楽関連の専門学校卒というわけではないようですね。

2003年には、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役で活躍なさったようです。

実に5000倍という倍率を突破されたということで、実力の高さとミュージカルにあった叙情性の高さが伺えますね。

2006年には、NHK連続テレビ小説「純情きらり」の挿入歌「夢の翼」でCDデビューを果たされています。

 

また2010年には、「アンダンテ 〜稲の旋律〜」に主演され、主題歌「アンダンテ」の作詞を担当されました。

作曲は実姉であるシンガソングライターの新妻由佳子が担当されたようで、姉妹共同で音楽の才能を遺憾なく発揮されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

姉の新妻由佳子さんがシンガーソングライターということで、歌への興味は姉妹ともにあったようで、どちらが先ということはわかりませんが、幼い頃から姉の姿を追いかけながら歌の道を志していく気持ちが出来上がってきたのでしょうかね。

父親の仕事の都合もあり、幼いころからタイに住んでいらっしゃったとのこと。

当時、カラオケに両親とともによく行っていらっしゃったようで、その歌声の良さと歌唱力の高さに両親は驚きを隠せなかったそうです。

それから、歌の道への提案が両親から成されたようですね。

どんな歌を歌われていたのか気になるところです。

幼いといっても、11歳から18歳までの7年間ということで、日本にいた期間のほうが(時間的には)長いといわけで、日本の曲を歌うことが多かったのでしょうか。(リストにあったのかどうかはわかりませんが)

それとも、今の歌唱や選曲リストを見る限り、洋楽を積極的に歌っていたのでしょうかね。

現在の歌唱とどのように違っていたのか気になりますね。

それよりも、あれだけ歌唱力が高いというのに、ボイストレーニング等の歌唱に関する教育は受けていらっしゃらないのでしょうか。

独学であれだけきれいに発声できるのは素晴らしいと思いますね。

オペラティックな歌い上げ等、色んな歌唱にも対応できるようですし。

当番組でも3連覇を目指して、素晴らしい歌唱を見せてくれることを期待したいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に、新妻聖子さんの歌唱の様子を幾つかピックアップしましたので、興味がある方はどうぞ。

 

 


-芸能, 音楽