Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

芸能

【爆報!THEフライデー】島田洋七が末期がんの愛弟子・朝倉美沙と号泣対話!【乳がん】

9月30日の爆報!THEフライデーにて、島田洋七さんと愛弟子の朝倉美沙さんとの対話が行われるようです。

朝倉美沙さんは現在がんを患われています。

過去に乳がんを患われ、それが肺に転移してしまい、現在末期がんだということだそうです。

 

乳がんといえば、フリーアナウンサーの小林麻央さんも現在闘病生活を送っている最中であり、治療の様子や副作用の辛さなど、彼女の言葉を通して痛いほど伝わってきます。

現在は朝倉美沙さんと同様、肺や骨までにも転移していることが明らかとなっているそうで、化学療法などの治療回数の増加や副作用の大きさ、それに伴う体力低下による悪循環が続いてしまう可能性もあるかもしれません。

がんに負けることなく、できるだけ身体的にも精神的にも苦痛を伴わないような闘病生活を続けられることを願います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

朝倉美沙さんについて

爆報!THEフライデー,島田洋七,末期がん,弟子,朝倉美沙,号泣,対話,乳がん

朝倉美沙さんは歌手として活動されており、そのプロデュースを今回の共演者である島田洋七さんが行われたようですね。

デビュー曲は、佐賀のがばいばあちゃんのイメージソングである「ばあちゃん」です。

 

歌手になる前は看護師をされていたとのことですが、子供の頃から抱いていた歌手の道を諦めきれず、看護師を休職した上で歌手の道を歩んでいくことを決意されたそうです。

そのきっかけとなったのが、島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」という1冊の本だったそうです。

看護師を志すきっかけとして祖母の介護があったそうなのですが、その祖母が亡くなった際にこの本と運命的な出会いをされたようです。

作中のがばいばあちゃんの生きる姿と、「たとえ叶わなくても人は死ぬまで夢を持て」という言葉に感銘を受け、自身の夢をかなえる道を歩むことを決意したそうです。

夢に向かって一所懸命頑張れる人と、ちゃんと決意できる人はかっこいいですね。

後押しされても現状のままでいたいという気持ちは、特に安定した状況下にあると誰しも持つ感情だと思いますし。

 

その後、1年ほど地道なプロモーション活動を行った後、島田洋七さんの目に止まったことで、先述のがばいばあちゃんのイメージソングである「ばあちゃん」の歌い手に大抜擢されたとのことです。

夢である歌手としての活動に加え、その夢のきっかけとなった祖母の存在、想いを歌に乗せて送り出すことができる、大きな夢が一度に叶った瞬間だと思います。

きっと懸命で素晴らしいプロモーション活動が行われていたのだろうと想像できます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

がんについて

朝倉美沙さんががん宣告を受けたのは2015年の春だそうです。

最初は乳がんの宣告を受けたとのことですが、その時の進行具合はどの程度であったかわかりません。

当時から抗癌剤治療や放射線治療を行ってきているそうですが、現在は肺への転移が見られ、末期がんであるとのこと。

がん治療法は現在も研究がたくさん行われており、正常細胞へ悪影響を及ぼさない治療法の開発なども様々行われていますが、臨床段階にはまだ十分に移行していないものも多々あります。

がん細胞を壊しても新たに転移したものが見つかることが多く、完全に治療を終えることが難しい状況にありますが、なんとかこれを打破できるように研究が進んでほしいと思いますね。

 

 

現在の朝倉美沙さんの状況ですが、抗癌剤治療等を続けていらっしゃっており、転移したがんの大きさも先月からほぼ変化していないとのことです。

今月は2週連続の抗癌剤治療があったとのことで、量が増えたのか試験的に増えただけなのか心配になるところですが、治療はしっかりと効いているようですね。

看護学校の親友もお見舞いに来られたようで、思い出話に花を咲かされたそうです。

治療には精神的な部分も大いに関わってくるところなので、お見舞いはリラックスもできストレスの解消にもなるということで非常に効果的かもしれませんね。

ご友人との写真が朝倉さんのブログに載っていましたが、楽しそうで幸せそうな顔をされていて、こっちまで嬉しくなりました。

ブログをご覧になって、現在の治療の様子を知るとともに、朝倉さんを応援してあげてくださればと思います。

長い闘病生活となるかもしれませんが、負けることなく、またのびのびと自由に歌を歌ってほしいですね。

 

朝倉さんのブログ: http://ameblo.jp/misa-asakura/

 

 

 

スポンサーリンク

 


-芸能