Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

IT 話題

出前代行サービス「UberEATS」が日本上陸!渋谷、恵比寿、六本木等の飲食店で開始

配車サービス「Uber」で世界的に有名なUberは、9月29日午前11時に「UberEATS」の提供を開始するようです。

出前,代行,サービス,UberEATS,日本上陸,渋谷,恵比寿,六本木等,飲食店

 

まずは、東京都の一部エリア(渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布)で試験を行い、後々広く展開して行くようですね。

サービスを利用できるレストランは実に150以上だそうで、店頭価格で購入することができるようです。

おかずがもう一品欲しいとか、たまには高級な料理を食べたいといった多種多様な要求に応えられるよう、様々な種類・価格設定を行っている店舗を取り入れているようです。

最初は配達料が無料(一定の距離に限る)ということで、後に適切な価格を設定していく形にするようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

UberEATSは既に世界各国の主要都市、世界7カ国33都市で提供されているようで、1日の注文数が2倍になったりする有名店を含め、導入した複数の店舗で20%以上の売上を確保したとのことです。

売上に貢献している層は、忙しくて外食する暇がない方とか、在宅で仕事をしながら外食をすぐに食べたいといった方々なのでしょうか。

時間がないときに美味しい食事をとる事のできる素晴らしいサービスですね。

 

UberEATSユーザーの注文手続きと流れは以下のとおりです。

  1. アプリを起動し、レストラン及び料理を決定
  2. 届け先を指定
  3. レストラン側が混雑状況等をもとに、調理完了時間を設定
  4. タイミングの合うパートナー配達員が料理を配達

 

配達の予定時刻や状況はアプリを使って確認できるようです。

パートナー配達員の車両としては、法律に基づく届け出が必要ない自転車と125cc以下のスクーターを当面使用するとのことです。

普段車を使用しない方も、パートナー配達員として活躍できそうですね。

配達時間の世界平均は34分とのことですが、今回のように都内の一部エリアに限定するともっと早い時間で、できたての料理を口にすることが可能となりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

レストラン側にとっては、配達のための車両の準備などの初期投資を行うことなく、時間帯や居住エリアにとらわれることのない営業が可能となりそうで、飲食業界の更なる活性化に繋がっていく見通しが立てられそうですね。

近場に飲食店がなく、毎回長距離移動をしなければならない地域でも、好きなときに自由に美味しい料理が食べられるようになると、土地の不利も感じることがなく生活に余裕ができるかもしれません。

 

 


-IT, 話題