Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

科学 芸能

中国におけるメラミン混入粉ミルクによる腎臓結石被害【ザ!世界仰天ニュース】

2月1日の「ザ!世界仰天ニュース」のテーマは『謎の原因を突き止めるスペシャル!!』ということで、世界各国で生じた事件・事故、様々な現象の原因を探ることを目的としています。

今回報道されるトピックスの中で、中国で起こった異物混入事件について興味をもったので、こちらについて簡単に紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中国で生じた、粉ミルク異物混入事件

2008年、中国にてある異物が混入した原乳による粉ミルクが流通しました。

この異物は身体に悪影響を及ぼす効果を持っており、後に中国全土の約30万人もの乳幼児が腎臓結石等の被害を受ける結果となりました。

 

この異物の正体は、メラミンという含窒素化合物であり、下記のような分子構造を有しています。

 

青色の原子が窒素原子であり、窒素含有率が高い分子であることがわかります。

このメラミンですが、メラミン樹脂のような樹脂原料となる物質であり、本来はミルクのような食品に混入することはないとされています。

また、中国全土で相当な被害を出したということで、何かのはずみで僅かに混入した可能性は高くはないと考えられます。

 

実際に調査が行われた結果、粉ミルクを提供する企業が意図的にメラミンを製品に混入させていたことが発覚したようです。

 

ではなぜメラミンを意図的に混入させることになったのかということですが、粉ミルクに含まれるタンパク質の量を偽装するためだったそうです。

これはつまり、製品がタンパク質の濃度を上げなければいけない状態になっていたことを表しています。

実際、企業側が生乳の出荷量を増加させるために、生乳を水で薄めてタンパク質濃度が希釈されていることがわかりました。

ただ、納入先も品質をしっかりとチェックすることは当然であったため、どうにかしてこの希釈を偽装する必要が出てきたということです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

メラミンを混入させると何が起きるかということですが、上述の通りメラミンは窒素含有率が高く、製品中の窒素量を効率的に増やすことが可能です。

品質管理でタンパク質の量を測る際、一般的には製品内の窒素量を測定し、窒素量が多ければタンパク質量が多いと判断しているようです。

したがって、メラミンを多量混入させることで、水でのかさ増しとタンパク質量の希釈を偽装することが可能となったそうです。

ケルダール法などが窒素量測定法としては有名でしょうか。

 

これによって品質チェックを通過することに成功はしましたが、結果的に健康被害が多数生じて真相が暴かれたと言った感じです。

メラミンについてはこの2008年以前にも事例があり、アメリカでのペットフードへのメラミン混入によるペットの腎不全事件がひとつにあげられます。

原因は輸入原料にメラミンが混入していたことであり、この輸入国も中国であったことがわかっています。

こちらも食品内成分の偽装のために使用されたのでしょうか。

中国でも一部の地域でのみこのような偽装方法が知られているのか、全国的に散見されているのかはわかりませんが、同業者にとっても風評被害を受けるだけで害悪にしかならないので、私利私欲のために動く企業がどんどん明るみになっていってなくなってくれれば良いのですが。

何も知らないまま、特に食品のように経口摂取で身体に影響を与えやすいものについては、しっかりと購入側が情報を得られるような環境が作られていってほしいところです。

 

スポンサーリンク

 

 


-科学, 芸能