Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

芸能

【キモうまグルメ】トグロ型水生モンスターのオオヘビガイを生食?

2月14日(火)の「有吉弘行のダレトク!?」キモうまグルメ IN THE WORLDでは、藤田ニコルさんとぺえさんが熊本県・水俣市にて、ヘビよりキモいトグロを巻いたモンスターを食すとのことです。

ヘビも種によってはトグロを巻くものがいますが、それと違ってどんなふうにキモいのか気になるところです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ヘビに近いものかと思い、陸上の生物を探し求めるのかと思いましたが、予告動画を見てみるとどうやら水生生物をターゲットとするようですね。

実際動画を見てみると、確かにグロテスク。

トグロを巻いている様子が顕になっているというより、住処がトグロ状になっている生物のようですね。

水中のヤスデのような感じかと思いましたが、殻から出ているあたり、貝のようなものかと思われます。

そこで、貝・トグロで調査して見たところ、以下の生物を今回は対象としているのかと考えられました。

 

オオヘビガイとは?

上記画像ではわかりにくいかもしれませんが、トグロ状のカラを有する貝、オオヘビガイです。

名前はやはり殻の形状から来たのでしょうかね。

それとも、本体の方も細長く、実際殻の中にいるときはヘビのようにトグロを巻いた状態になっているため、そのように呼ばれるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カラがトグロ状になっているのは巻き貝なんかも同じですが、やはり本体の細長い形状が少々グロテスクで、食べてみようという感じにならないのかもしれません。

実際に全国各地で常食されているところが少なく、食用として認知されているところも結構限られているようです。

 

しかし、味に関してはやはり貝ということで、茹でたりするといい出汁がでるらしいです。

味噌汁なんかに入れて貝汁として食べる地域もあるようです。

広島や山口のように中国地方での食が多いようですね。

塩ゆですると旨味が凝縮し、また殻が脆いとのことで食べやすくていいらしいです。

 

ただ、今回はどうやら生食されるとのこと。

貝の刺し身は食感も相まって美味しいものがたくさんですが、オオヘビガイについてはどうなんでしょうか。

例に漏れず独特な食感と旨味が得られるのか、生食では意外とアレなのか。

気になるところですね。

 

あと、実際にオオヘビガイを生食するのだとすると、ノロウイルスなんかが心配になりますね。

二枚貝ではないですが、海中のプランクトンを常食するとのことで、海水と一緒にウィルスを蓄積していないか少々不安に思うところです。

ターゲットの食性上全く問題なければ良いのですが、少し不安がある場合には安全策をとることも必要かと思いますね。

真似する人は少ないのではないかと思いますが。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


-芸能