Quiet Flag

気になる内容について発信していきます。音楽と紐付けられると良いですね。

芸能

オスカー所属の入矢麻衣、得意なギャグは?アンビリバボー出演!

2016/08/18

8月11日の奇跡体験!アンビリバボーに、オスカープロモーション所属の入矢麻衣さんが出演します。

今回のアンビリバボーのテーマは「山の日」ということで、山に関するお話が2つ紹介されるようです。1つは遭難を通じての山の怖さについて、もう1つは登頂に関する感動秘話のようですね。

スポンサーリンク

山の日という祝日が施行されたのは今年らしいですが、正直あまり気に留めていなかったので(単に世間知らずなだけですが)、祝日になっていることに最近気づきました。海の日に対抗する形で作られたんでしょうか?

山の日の制定自体は2014年にあったようですね(これも知りませんでした)。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」といったことを趣旨としているようで、8月といった暑い時期で海辺のような涼しく夏らしい場所に遊びに行くだけでなく、山もいところたくさんあるからもっと遊びに来てね、と言った感覚でこのシーズンに設定されたのでしょうか。

山も虫取りだったり川原で遊んだりと、同年代からファミリー層まで幅広く人を虜にする部分があると思います。特に、子供の頃に田舎に住んでいた人なんかは、自分を遊んでいる子どもたちに重ねてノスタルジックな気分を味わうことも可能であると思います。

登頂もスポーツ感覚で楽しめますし、登り切った後の爽快感と景色の優美さは格別なものだと思います。ただ、ガチで登る人や登山経験の少ない人であれば、遭難の危険性と常に隣り合わせにあることを意識しておかなければなりません。

昼間は猛暑による熱中症や日射病の危険性がありますし、夜間は視界の悪さによる転落事故や、もしかすると気温低下による低体温症などにかかってしまう危険性もあります。雪が残っているような標高の高い山にのぼる際は、雪崩なんかも注意しなければならないかもしれません。

ある程度山の情報を得たうえで、もしくはガイドをつけたうえで、熱中症対策などをしっかり行って、万全の状態で山を楽しみたいですね。

しかし、アンビリバボーではガイドをつけたけれども遭難事故が生じてしまった例を紹介するようですね。山の気候は変わりやすいと言いますが、ガイドの経験則も使えないほどの異常な状況が生じてしまったのでしょうか。非常に気になるところです。

入矢麻衣の特技はギャグ?

入矢麻衣  ギャグ アンビリバボー オスカー 

入矢麻衣さんの話に戻しますが、彼女はギャグを得意としているようですね。オスカー所属ということで、落ち着きのある美麗な方という印象がその容姿等から伺えるのですが、実際は溌剌として元気なキャラを持っているようです。

得意としているギャグ数は1万を超えるとか。すでに様々なメディアで披露されているようですね。反応はどうなんでしょうか。

元気のある人の近くにいる、様子を見ているだけで高揚感が伝染してきて、それだけでポジティブな気分になれてしまいます。オスカー所属とのギャップも相まって、視聴者に対するポジティブな影響は莫大なものだと思います。

これからも元気な姿をメディアをのせて、視聴者に活気を与え続けていって欲しいですね。

スポンサーリンク


-芸能